「好き」を尊重し合うということ

どたばた日記

こんな景色に会いに行こうと思えたのはバイクと出会ってから

どこまでも広がる自然の雄大さに気づけたのはバイクと出会ってから

もともと車が好きでドライブもよく行ってたけど
こんな景色が見れるのは朝の早い時間帯

そんな時間にわざわざ出かけようとか思うのは
初日の出くらいだと思っていた

バイクと出会って

一緒に行きたい場所が増え
いつも見るような景色や
いうも走るような場所も
何だか特別なものと思えるようになった

原付だろうが小型だろうが中型だろうが大型だろうが

好きで乗っているのであれば
排気量問題なんて気にしないで良い

いろんな走り方があるだけで
いろんな楽しみ方があるわけで

ずっと走り続けているのが好きな人もいれば
私のように寄り道ばかりして
写真撮って行くのが好きな人もいる

ただ1つ

「バイク」という世界で繋がっていく人たちがいるのだから
それぞれの好きを認め合ってみよう

世界平和って
きっとそんな小さなことから始まると思うんだ

大人になった今でも、好きなものへの情熱や探究心は変わらない…

いや、私は逆に増したかもしれない。

車、バイク、音楽、旅、いろいろあるかもしれないけれど、
いつだって夢見ていよう。

そんな時間を そんな自分を大切にしよう。