バイクは「無駄」ですか

どたばた日記

大人になればなるほど、 とくに考えずとも さらっとできてしまうことが 以外とある。そこに現れた
・新しい刺激
・新しい感覚
そしてそこから生まれてくる感情が、私にとって新鮮すぎた。

新鮮さが落ち着いて一緒にいる今でも
新しい発見があるコイツは 私にとって
パートナー

cb223s(komenanarider)

もしかしたら、
無駄なことをしない人生が楽しい人もいるかもしれないけど
最近私が思うのは「人生の豊かさって無駄なことにある」ということ。

無駄なのかもしれないけど買いたいもの

無駄なのかもしれないけどやりたいこと

無駄なのかもしれないけど学びたいこと

無駄なのかもしれないけど
自分として生きていくには決して無駄ではないもの。

そういうのをどれだけ自分に与えてあげられるか?が、人生の充実度とか豊かさを決めるような感じがするのです。

もちろん、楽しくない無駄はただの無駄なのでやめた方がいいかもですが、自分が楽しめるものは、ちょっとづつでも「無駄」を自分に与えてあげるのもいいかもですね。無駄が一切ない人生ってきっとつまんないですからね(笑)

無駄を楽しめる人が、人生を楽しめる人なんだと思っています。

「バイクは無駄」という言葉を前に聞いたことがあったことを、ふと思い出しました。

私自身は、バイクと出会って変わった世界観から「自分を生きている」と感じたので、バイクを趣味にしてみようと思っていたり、興味がある・・だとか、バイクに乗り始めた初心者、またはこれからバイク免許を取りに行こうとしている方の励みになればと思い、私なりのバイクの世界観をブログや動画に綴っています。


もちろん賛否両論なのは承知(*´-`)


バイクは趣味としてはかなりコストがかかる方です。免許取得や車両購入、ウエアやヘルメットのバイクギアや進んでいくうちにカスタムしたりなど・・ン万円なんてざらに飛んで行きます(汗)し、公道をバイクで走るということはいつ何時何があるかわからない、という命がけの趣味でございます。

実際、教習や公道走りたての頃は何度かコケたし、そのたびに膝や腕をかなり擦りむいています。「何かあれば、即体に影響を受けるのがバイク」というのも重々承知です。

バイクへの憧れや今まで励ましてくれたりともに歩んできた方々のために「あの時勧めなければ」と後悔させたくないので、安全には十分気を配っているつもりです(貰い事故などもあるので100%とは言い切れませんが)。

それでもお値段以上の価値、がある(と思っている)のがこのバイクの世界。


バイクに出会って約4年が経過した今、振り返って思うこと。

わからないことは自分でも調べたりアドバイスを求めたりして、バイクの不具合対処やメンテナンスを行えるようになることのや問題解決能力やその意思は大切だと感じています。ここでいう問題解決能力とは、勉強ができることでは無く、トラブルへの対処をしていこうと思えること。もちろん人に頼ることも必要ですが、バイクは基本「独り」で乗るものです。少しでも自分でできる範囲はカバーできる意欲が必要かと思います(あ・・機械メンテの専門的な分野は触らない方が無難です、危ないので)。

人生において、バイクに乗らなければならない理由はありません。危険なものなので、本来であれば簡単におすすめするものでも無く、寒いし暑いし濡れるし危険だし・・そんなバイクの楽しさはバイクの楽しさを「感じられる人」と「感じられない人」にはっきり分かれると考えています。

趣味の世界って、その世界観を楽しめる人じゃないとまず理解できませんよね。
釣りやゴルフ、ボウリングやカラオケにゲーム・・様々な趣味の世界がこの世にはあります。先ほど挙げたどれも、実は私には理解できない世界ですww

なので、強要はもちろんしませんが、少しでも「バイク」という世界へ興味を持つ方へ響く何かが伝われば、嬉しく思います。

今では”バイク 名言”と検索すると必ずと言っていいほど、ぐっさんの「バイクに乗っていない人は損をしていないが、バイクに乗っている人は得をしている」と言っていたものが載っています。

バイクは無駄かもしれませんし、別に乗る必要はないけれど、乗った方が断然楽しくいられる人生のスパイス、心の充足のために行うもの。

思うに「趣味」とは、興味がなければ無駄に感じられるものだけど、そこに居場所を感じた者からすると最高の世界。

あなたが心の充足を感じるのは、どんな無駄な時間ですか。