話はそれからだ

どたばた日記

とにかく全力で
「私」を演じ切ろう

とにかく全力で
「私」を生き抜こう

話はそれからだ

「自分が大事だと思ったことは辞めたくない」

「自分が大事だと思ったことは自分にやらせてあげたい」

ここ数年、私が特に大切にしていることです。
「気合」とか「根性」とかじゃなくて、
「感情」とか「信念」とかでもなくて、
そういう「アイデンティティ」を持っている、と言うこと。

【結果や成果よりも「自分」にフォーカスしている】こと

メルマガをとっている椎原さんという方の言葉は、いちいち刺さることが多いです(笑)。

モチベーションの保ち方は人それぞれですが、好き、が基本にいないことは意外と続けていく上で苦痛になることが多いと思います。

売上のためにブログを書いている、登録者を増やすためにYouTubeアップし続けている。そういうこと。

私も以前はそういう観点のときもありましたが、ある日突然、書けなくなったし書きたくなくなりました。焦りましたが原因はその時わからなかったのです。

原因が分かったのは、実はここ最近(;’∀’) 素直に、楽しいという気持ちからYouTubeを初めて、気持ちを伝えたいという思いからブログを再開するようになってから。

情報リテラシーは本当に大切で、見すぎると、聞きすぎるとわかならなくなる。自分の本質が行方不明になり、自分自身の方向性が迷子になる💦

どうか、下の内容をどこかに留めていてください(^^)

他者の感性と、あなた自身の感性を分けてください。
誰かが良い・好きだと思ったことも、
あなたが好まなくて良く、
あなたが持っている基準、好み、感性、
それらすべてはあなたが自由にしていいということに
気づいていましょう。

「誰かが良いと言ったから」という基準を持ってしまうと、
その瞬間、あなた自身の中の「好き」という感性が
奪われてしまいます。

あなたが持っている感性、あなたが持っている基準が
他者と異なっていたとしても
あなた自身が感じるままの「好き」を選択して
良いことを知りましょう。

食べ物の好み、学ぶ知識、在り方、楽しみ方、
優先順位の置き方…

他者とは異なるということがあなたの個性であり、
同時に、あなた自身がそれらを肯定し、表現することが
あなたがより好むものを引き寄せる鍵となるのです。

あなたの感性を信じ、
あるがままのあなた自身が感じることを、
その瞬間ごとに感じていきましょう。

とにかく全力で
「私」を演じ切ろう

とにかく全力で
「私」を生き抜こう

話はそれからだ