自分の感じる「充実度」がどこにあるか

どたばた日記

少し前は多くの人が「似たような幸せ像」を持っていたと思う。

今は、情報がたくさんあって、色々な生き方、在り方を認識してきてる。

幸せが多様化しているのなら、
自分にとっての幸せを見つけて 自分の幸せを生きよう。

他人にとっての幸せ、に執着しないように。


不完全なまま、 まだまだな自分のまま、 ちょっとづつ向上していけばいい。 うまく言えないけど、 とりあえず一生懸命生きよう。

一見辛いことでも、怖いことでも、勇気がいることでも、好きな人たちと一緒に経験できるとそれって充実したものになる。 逆に、嫌いな人たちとだとそんなのやってらんねー…よねw

何を経験するか?も大事だけど、 誰と一緒に経験するのか?の方が充実度は高い。

自分自身の感じる「充実度」がどこにあるか、少しだけ見つめてみよう。

単純だけど意外と大きな気づきになるよ。

伝える手段は増えたけど 伝えたい気持ちは変わらない

1番大切な気持ちは リアルに会って伝えたいよね。

自分がダメ、じゃなくて ダメにする場所がある。
自分らしくいられる場所を見つけて 生きればいい。

立ち止まらずに動いてみればいい。