3月10日の出来事

どたばた日記

先月18日を持って有給消化期間終了、退職となり、受け取りほやほやの離職率を持って、人生初のハローワークなるものへ!

何⁉︎この混み具合…
何⁉︎この書類のややこしさ…

となってオロオロな私は、ハロワの窓口受付で中学の同級生と出会う(呼ばれた番号の受付窓口を探していたら、妙に紙切れをひらひら降ってテンション高いお姉さんがいるな・・と思ったら、番号札を振って手招きしていた友人だったという)。

びっくりした…
向こうは取得資格と名前で「あ・・」と思っていたようですが私は名前を告げられて、なんとなく面影のある顔に記憶を走らせていました(笑)思い出せてよかった。



会いたかったような
会いたくなかったような

受付だらけの初日、いろいろな想いを抱きつつ、今度は給付受付窓口のおねーさんの元へ。

いろいろ教えてくれて、めちゃくちゃ優しくて、ほんと・・良き方でした(*´∇`*) ネットだけでは分からなかった内容も知ることができ、1つ賢くなりました✨

私の受給についての詳細は会社に残業認定されてから決まるらしいです。

退職前6ヶ月の間に連続して40時間以上の残業、もしくは1ヶ月に100時間を超える残業があれば、本来失業保険受給までに2ヶ月の給付制限があるのですが、それが特例として会社都合と同じ制限無しですぐ受給ができるというもの。

有休消化に入る前月12月に145時間の残業をしていたことで、少しばかりそこに期待をして相談すると

「あ、よかった。なんでこの月だけ妙に給料が高いのか聞こうと思ってた」という言葉から、その説明をしてもらいました。

さらに驚いたことが。

この会社で勤続10年だったので、その内容で考えていた私にお姉さんはずっと20年で説明をしていたので不思議に思い、「すみません(・・;) 10年と間違ってないですか?」と尋ねたところ

この会社に入社する前の会社を2月29日に退社、翌日3月1日に入社した私は、失業保険を使用したことがなかったのです。雇用保険を何年払っているかの年数で計算されるので、通算23年支払ってきた私はその20年の説明になるとのこと。

すっごく驚きました・・

よって、退職した会社が「はい、145時間の残業を認めました」としてくれたら、私の受給日数は330日、認めてくれなかった場合は150日。
お姉さんも「明細書に時間記載しているから認めないって無いと思うけど。万が一認めない場合は個人で話し合ってもらうことになるけど大丈夫?ほんとは指導対象モンだけど、こちらにはそこまでの権限が無いの。認められたら少しゆっくりしてから仕事すると良いと思う。」とすごく親身になってくれたことに涙が出そうでした。

認めて・・な気分でいっぱいなのと、人の温かさに触れた一日でした。

*追記*
ハロワ側からの会社への確認結果、無事残業を認められたとお電話いただきました。
そのとき書いていたブログ▶︎https://komenanarider.me/orakurucard/

残業を余儀なくされる方や、私のように時期的に残業することがわかっている場合、退職するタイミングの参考になればと思います。しっかり働いてきた分は、しっかり認めてもらえるよう願っています。